福井大学MUSICROBOTミニライブ 打楽器演奏ロボット(IROPS-3) in 福井東特別支援学校

福井県立福井東特別支援学校でMUSICROBOTのミニライブを行います。研究室で開発したIROPS-3号機と庄司(E.Gt)の合奏で、子どもたちからのリクエストや卒業ソングを演奏します。IROPS-3号機は、ドラムセット、カバサ、タンバリン、カウベル、ウッドブロックで構成しています。

ロボットが本物の楽器を鳴らす視覚的な面白さと音楽の楽しさを同時に体験できるプログラムです。

歌遊びのコーナーでは、意思を伝えるための大きなスイッチを使います。このスイッチでロボットの遠隔操作ができるので、本物の打楽器を自分のタイミングで鳴らしてみる体験を企画しています。

2019higashi-hon_演奏会_13.pdf

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。