MUSICROBOT IROPS-2号機と3号機の共演実験など – 福井大学 きてみてフェア2017 にて

福井大学きてみてフェア2017にて、MUSICROBOT人とロボットが共生する演奏会を行います。打楽器演奏の特徴を活かして、ジブリ、朝ドラの名曲などを演奏いたします。今回は従来の人とロボットとの共演に加え、打楽器演奏ロボットIROPS-2号機と3号機を空間的に離れた位置から連動させて演奏します。3号機を観客席の中央に配置しますので音響的にどのような臨場感になるかをご体験下さい。ご来場をお待ちしております。

日時 平成29年10月15日(日)10:00~16:00
会場 福井大学文京キャンパス 総合研究棟I 総合小1教室

 打楽器演奏ロボットの2号機を小型化する目的で、IROP-3号機を開発しました。IROPS-3の小型化におきましては基本となる小型のドラムセットの選定が重要でした。この開発課題において、TAMA Drums(星野楽器)より、“Cocktail-JAM” Kit (カクテルジャム・キット)をご提供頂いております。

再生前に音量にご注意ください。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。