テクノフェア2017 特別展にてMUSICROBOT ドラム演奏ロボットIROPS-3を紹介します

平成29年10月26日(木)、27日(金) 10:00~17:00 福井県産業会館にて、テクノフェア2017が開催されます。北陸地方最大規模の科学技術系の展示会です。今回、『IoT時代を支える新技術』と題して、さまざまな産業分野で活躍する最新の「自動認識技術」「人工知能技術(AI)」にスポットを当てた特別企画展示にて、研究室で開発中のドラム演奏ロボット IROPS-3を展示し、デモンストレーションいたします。

1平米の床面積があれば設置できる、可搬性の高いドラム演奏ロボット IROPS-3 (IROPS VERSION3)を開発しました。楽器や歌の練習の時、あるいはコンサートを行う時に、臨場感溢れるドラム演奏が場を盛り上げます。簡単なパフォーマンステストの様子を動画でご視聴下さい。録音となりますが、高音質で収録していますので、高音質のイヤホンか、オーディオ機器でご視聴頂くと、従来の電子ドラムや電子音源との違いがよくわかります。リアルタイムMIDIに対応した高精度なデジタルアナログ変換制御により、瞬時の正確で繊細なドラム演奏を実現しています。従来のMIDIファイル(SMF,XG,XF,GS,GM規格)を使って演奏が楽しめます。今回の展示では、 IROPS-3の特徴を活かした近未来の応用性を紹介する展示を行います。自動認識技術による付加装置を接続したデモンストレーション実験も予定しています。

これは1分間の簡単なデモンストレーション動画です。再生前に音量設定にご注意ください。

IROPS-3の紹介パンフレット:
irops3_musicrobot_pan_10-outline-2

テクノフェア2017

開催趣旨

全国から企業・大学・研究機関・団体などが出展する北陸最大規模の総合技術展示会「北陸技術交流テクノフェア」は、今年28回目の開催を迎えます。IoTの進展により、ものづくり産業が大きな変革を遂げている中、ものづくりを支える基盤技術や最先端の技術動向を紹介し、中小企業が新たなイノベーションを図り成長するよう支援していきます。

開催概要

会 期 平成29年10月26日(木)、27日(金) 10:00~17:00 開会式
会 場 福井県産業会館(メイン会場)
福井県生活学習館・福井県中小企業産業大学校

■展示会

技術交流や販路開拓、研究開発の紹介などを目的として企業、研究所、大学等がブース出展します。
(2016実績:175社・団体、232小間)

■特別企画展

「IoT時代を支える新技術」
第4次産業革命(インダストリー4.0)の流れの中で注目を集めているIoTは、今後、中小ものづくり企業での導入が加速することが見込まれています。IoTの進む工場で一連のシステムを構成している自動認識技術、人工知能技術にスポットを当てた企画展示を行います。

■記念講演会

日本を代表する企業の経営者を講師に迎え、独自の経営戦略等についてお話いただきます。

■新製品・新技術公開プレゼンテーション

研究機関や大学・高専、民間企業が保有する技術シーズや研究成果、最新製品、事業化事例について発表します。

■技術連携コーディネーターによる技術相談会

福井商工会議所が委嘱した技術連携コーディネーターが、出展企業や来場者のご相談に対応します。

■学生技術体験事業

高校生や大学生がテクノフェア会場で先端技術に触れる機会を提供します。

■出展者交流会

出展者同士の交流・人脈形成を目的として、フェア初日終了後に産学官交流会を開催します。

保存

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。