北陸技術交流テクノフェア2016への展示と新技術公開プレゼンテーション

次世代テクノロジーの方向性を人間と機械の調和技術から考え、生活をより豊かに便利にする科学技術に関係する研究室の成果を紹介しました。

具体的には、高分子アクチュエータ(人工筋肉)、導電性ナノファイバー、ウエアラブル電子機器、エネルギーハーべスティング、高速3Dプリンタ、楽器演奏ロボット、エネルギーはーべスティング技術について紹介しました。楽器演奏ロボットによるMUSICROBOTは動画により紹介しました。 また、新技術公開プレゼンテーションとして、マテリアル・メカトロ・IT統合による次世代ロボット工学の実現 ~今後10年のものづくり研究~ について講演しました。

くらしを豊かにする次世代のロボット工学の方向性を「人とロボットの共生」として着目し、それを具体化するための新しい分子機能の開拓による高性能・機能性材料の基礎と応用研究・試作に挑んでいます。高分子アクチュエーター(人工筋肉)、においセンサーや電極材の革新となるナノファイバー、ウエアラブル機器、エネルギーハーベスティングシステム、高速3Dプリンタ開発とフィラメント材、楽器自動演奏ロボットなど、今後10年の革新的でユニークなロボットの創造につながる研究について紹介しました。

2016.10.21 13:00~13:20 会場:福井県産業会館 2号館 プレゼンコーナー 庄司英一

日時:2016年10月20、21日
10:00~17:00
会場:福井県産業会館

保存

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。