福井大学 MUSICROBOT 工学部×教育学部 演奏会 @ 福井駅西口ハピリン1F ハピテラス

フクイ夢アート2016の企画の一つとして、人の歌や演奏とロボットによる楽器演奏との協調
による音楽における『人とロボットの共生』から音楽表現の新しい可能性を探求しました。

今回のMUSICROBOTは、打楽器演奏ロボットIROPS-2と、工学部と教育学部音楽の教員、学生メンバーによるコラボユニットによる演奏でした。クラシックの音楽科の教員、学生による楽器演奏と歌唱力、工学技術の楽器制御によるロボット楽器演奏力、さらにけん玉を打楽器として音楽演奏に同期させたけん玉パフォーマンスによる、人が出来ること出来ないこと、ロボットが出来ること出来ないことを考える、異分野が融合したワザありの演奏会となりました。JASRACに問い合わせましたら、こうした演奏会は前例がほとんど見当たらない状況のようです。

演奏が始まると、福井駅前を通行している方々や、2階のラウンジから、多くの方がしばし足を止めて、聴き入っていただけました。会場席は満席となりました。

日時:2016年10月10日(月・祝日)
午前の部 11:00~12:00
午後の部 14:30~15:30
場所:ハピリン1F ハピテラス(JR福井駅西口)

MUSICROBOT #6 – 人とロボットが共生する演奏会

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)

最新記事 by 庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB) (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。