2019 福井大学きてみてフェア – 当日の様子 – MUSICROBOT 人とロボットが楽器演奏で共生するミニライブとロボットの解説トーク

MUSICROBOT

ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。

人とロボットが楽器演奏で共演するミニライブとロボットの解説トーク では、405名(午前 147名、午後 258名)の方々にご来場いただきました。打楽器演奏ロボット2号機を使って、懐メロから最近の J-POP まで演奏しました。

演奏:MUSICROBOT (福井大学工学部 庄司研究室スペシャルユニット)

今回のMUSICROBOTは、庄司研究室スペシャルユニットです。歌とピアノで演奏している学生は庄司研究室に配属された4年生で、ピアノ歴15年など音楽が大好き、何より、工学部で自分の特技が活かせる研究につながりました。好きこそものの上手なれ!

よかったらご視聴ください。

パプリカの演奏が大好評でした。

ロボットの解説トークの様子です。

会場設営&リハーサル


2019 福井大学きてみてフェア

MUSICROBOT

人とロボットが楽器演奏で共生するミニライブとロボットの解説トーク
打楽器演奏ロボットがドラムやシンバルを奏でます! ロボットを開発した経緯や仕組みのトークを交えながら、みんなが知っている曲、アニメソングやダンスソング、懐メロから最近の J-POP まで演奏します。ぜひお立ち寄りください!!

今回は、庄司研究室メンバーで構成する庄司バンドによるパフォーマンスです。お楽しみください。

曲目:優しいあの子、小さな恋の歌、Lemon、パプリカ
その他アニメソング、ダンスソング、懐メロから最近のJ-POPなど

2019年10月20日(日)

午前の部 10:00~11:30
午後の部 13:00~14:30

会場:福井大学工学部文京キャンパス
グリーンゾーン #23
総合研究棟 I 1階 総合小1教室 (車いすバリアフリー)

MUSICROBOT 音楽における人とロボットの調和・共生技術
演奏:MUSICROBOT (福井大学工学部 庄司研究室スペシャルユニット) MUSICROBOTは、人の...

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)

最新記事 by 庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB) (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。