電池・電源がいらない『使える』究極の防災ラジオ『フープラ』

とにかく、実用的強度があること、携行性に優れること、落とさずに持ちやすいこと、外部アンテナが不要であること、よく良く聞こえること、電池の心配が不要なこと

を基本仕様とした『使える!』究極の防災ラジオとしてフープラ(フープ型ラジオ HOOPRA)を開発しています。普段使いのラジオ受信機としても勿論OKです。

地方都市によくあるNHKの5Kwクラスの送信所からの距離5~10km地点で、無電源でこんなにラジオ放送が良く聞こえるんだ!とこのフープラの性能にびっくりされると思います。ノウハウを詰めて開発してます。工業部品を使っているので壊れにくいのも特徴です。

ここでは紹介できない様々なフープラを試作開発しています。販促グッズ、防災ラジオ関連商品、アウトドアラジオ関連商品の企画など、お問合せ下さい。意匠登録。

いろいろな仕様のフープラです。これはほんの一部です。

意外に小型です。この例では径は20cmです。

薄いところは8ミリです。重量は180gです。

薄型なのでカバンに入れて簡単に持ち歩けます。実際、耐久性試験を兼ねてここ2年間カバンに入れて持ち歩いてますが、今のところ壊れていません。工業部品を使用しているので耐久性が抜群です。実際に停電があった時に、とっさに取り出し役立っています。電池の心配が一切不要です。

トートバッグに入れてみました。独特な輪形状なので、カバンの中でその存在がわかり易く、輪の部分を持って引っ張り出せるので、出し入れも簡単確実で、まず落とすこともありません。

一家に人数分、玄関の近くに掛けておいて直ぐに持ち出せる、活用できる無電源防災ラジオを提案します。

無電源ラジオ『フープラ』 ~ 電池や外部電源不要、外部アンテナ不要、このサイズでAMラジオが受信可能です。
電波エナジーハーベスタとして、防災対応の無電源ラジオ受信器『フープラ』(HOOP型RADIO: HOOPRA)です。中波放送帯のAM放送は広...

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。