無電源ラジオ『フープラ』 ~ 電池や外部電源不要、外部アンテナ不要、このサイズでAMラジオが受信可能です。

電波エナジーハーベスタとして、防災対応の無電源ラジオ受信器『フープラ』(HOOP型RADIO: HOOPRA)です。中波放送帯のAM放送は広域伝搬性が特徴であり、また、磁界型アンテナにより、地方の5Kw程度の送信所によるAM放送であれば、半径10~15km圏で、AMラジオの受信が可能です。首都圏の100Kwクラスの送信所からの放送であれば、さらに広域圏で受信が可能です。電池不要、外部電源不要なのが強みであり、また、壊れにくい構造で設計しているので、防災ラジオとして活用できます。

ネットでは公開しておりませんが、いろいろなバリエーションの試作品を各種開発しております。商品化にご関心の場合はお問い合わせください。

最強の防災対応ラジオが提案可能です。

電池・電源がいらない『使える』究極の防災ラジオ『フープラ』
とにかく、実用的強度があること、携行性に優れること、落とさずに持ちやすいこと、外部アンテナが不要であること、よく良く聞こえること、電池の心配...

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。