打楽器の自動演奏装置及び自動演奏方法 特許第6573355号

演奏家が実際に演奏するような本物の打楽器による生演奏を、既存のMIDI規格等の制御手段で簡単に再現することができる自動演奏装置を提供するための特許である。この特許を使うことで、各種の打楽器をMIDIデータやリアルタイムMIDIにより強弱演奏制御できる。

打楽器を打撃するスティックなどをソレノイドを使って打撃強度を変えられる特許技術である。MIDIのゲートタイム値により時間制御することで、打撃強弱を簡単に制御できる。打楽器の演奏制御に関し包括的に関わる。

この特許技術は、現実的に、各種ドラムセット、パーカッション、カホン、鍵盤打楽器など、広範囲の打楽器に適用できる。MIDIにより、打撃演奏制御を強弱付きで実現できる。

国内特許コード P160012941
整理番号 FU602
掲載日 2016年4月19日
特許番号 特許第6573355号
登録日 令和元年8月23日(2019.8.23)
発行日 令和元年9月11日(2019.9.11)
公開日 平成28年6月23日(2016.6.23)
発明者
  • 庄司 英一
出願人
(権利者)
  • 庄司 英一
発明の名称 打楽器の自動演奏装置及び自動演奏方法

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。