演奏支援システムおよび制御方法に関する特許を出願 特願2018-027425

概要

楽器演奏者の演奏動作の情報から、演奏中の楽曲全体の表現をコントロールできるシステムと方法に関する特許である(詳細略)。

再生された楽曲に合わせて演奏者が楽器演奏を行う際に、表現豊かな楽曲を得ることができる演奏支援システムおよび演奏支援方法を提供できる。

(未公開特許出願中)

発明の名称 演奏支援システムおよび制御方法
国内特許コード P180015078
整理番号 FU781
掲載日 2018年6月13日
出願番号 特願2018-027425
出願日 平成30年2月19日(2018.2.19)
発明者 庄司英一、瀬戸颯一郞
出願人 国立大学法人福井大学

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。