磁界型フレキシブルエネルギーハーベスタの特許を出願 特願2018-241880

概要

無電源ラジオ受信装置を製造する際のコア技術に関る内容に加え、放送電波を電気エネルギーとして貯蔵する方法などの技術に関する特許である。

様々なデザインや形態(防災ラジオ、小型・軽量ラジオなど)で放送電波を電気エネルギーとして蓄電できる、電波環境発電装置が製造できる。電波エネルギーハーベスティング技術。

共同研究はご相談ください。

(未公開特許出願)

発明の名称 磁界型フレキシブルエネルギーハーベスタ

国内特許コード P190016101
整理番号 FU826
掲載日 2019年6月12日
出願番号 特願2018-241880
出願日 平成30年12月25日(2018.12.25)
発明者 庄司英一
出願人 国立大学法人福井大学

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。