【公開講座】ドラマチックな天体観望プロジェクト2019 第2回アポロ11号の月面着陸 ~夏の星座と天の川~

公開講座 ドラマチックな天体観望プロジェクト2019
第2回 皆既月食と月面X ~夏の星座と天の川を楽しもう!~
2019.7.6(土) 18:30-21:00

1969年7月20日に米宇宙飛行士ニール・アームストロング氏らが人類で初めて月面に降り立ってから丁度50年となります。今回の話題の一つとして月を取り上げます。また、もうすぐ七夕ですが、星座の話題として、東の空には3つの星からなる夏の大三角が輝いています。こと座のベガ(0等星)、わし座のアルタイル(1等星)、はくちょう座のデネブ(1等星)です。ベガは織姫星、アルタイルは彦星として知られます。織姫星と彦星の間には天の川が流れています。さそり座も夏の代表的な星座です。この時期ならではの天体に関する授業、解説、工作(天体観望に関連)、大口径双眼鏡による観望を予定しています。雨天時は観望のみ中止となります。

人類の歴史の中で、いつの時代でも必ず興味の対象の一つとなっていたもの、それは天文現象でした。現代においてもその状況は全く変わりません。宇宙へのいざないとして、この講座により、特に天体に関連し目の前で実際に起きている現象について、それを観望し学び理解することから、あらためて自然科学のおもしろさを実感し楽しめるような内容を企画しました。お気軽にご家族で、お友達同士でご参集頂き、簡単な工作を交えて、美しき星空の世界を探求していただく夕べになればと思います。本年度は以下のシリーズ3回の異なるプロジェクトを予定しています。企画内容、開催日時は状況により変更する場合がございます。


詳細は社会連携係までお問い合わせ下さい。


第1回 4/20(土) 2019年の天体現象の見どころ ~春の星座と流星群を楽しもう!~
第2回 7/6(土) アポロ11号の月面着陸 ~夏の星座と天の川を楽しもう!~
第3回 9/14(土) 太陽系の惑星 ~秋・冬の星座と太陽系の惑星を楽しもう!~

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。