非常災害時におけるアマチュア無線の有効性についてのメモ

日本アマチュア無線連盟が『アマチュア局の非常通信マニュアル』を作成しています。このマニュアルに記載されている内容から、一部、メモとして引用します。

アマチュア局の非常通信マニュアルl

一般市民としてアマチュア無線家として

アマチュア無線の特徴として

・市町村の隅々での被災状況、負傷者の有無、避難所の状況、避難所で必要な物品の送付要請などの情報を災害対策本部に伝達することができる機能を有し、社会に貢献することができる。

・非常災害時に停電等の事態が発生しても、住民に関するきめ細かい情報伝達手段の機能を発揮することができる

・各自の家庭や職場・学校や車の中に設置されている無線局
・時には普段持ち歩くカバン等に入れたトランシーバーでも通信できる
生活の場に密着した手段
いち早く無線で災害状況等を発信することができる
・携帯電話のような発信規制がおこなわれない
・自由に電波を発射して通信することができる

アマチュア無線が携帯電話にはない優れた点:
・多くのアマチュア局に同時に一斉に情報を伝達することができるという点
・被災地での情報の共有化に大きな力を発揮

過去の災害の教訓から見える側面:

東日本大震災のような大規模災害が発生すると、災害の発生状況の把握、被害の状況の把握、負傷者の有無の確認、避難誘導の要否の判断とその実行、被害の軽減措置、災害救助活動など極めて緊急を要する事態が発生し、各段階での迅速、かつ、的確な情報授受が必要になってくる。

ほとんどの市町村では、住民に災害情報等を伝達する手段として防災行政無線を設けてはいますが、街頭に建てたポール、鉄塔等に大型スピーカーを設置してアナウンスする同報通信方式の言わば一方通行の情報伝達が多く、住民側からの情報発信は難しい状態。

住民から市町村役場への情報伝達手段は固定電話や携帯電話がメインとなりますが、大規模災害が発生しますと、すぐに使用不可能な状態になって、住民と市町村災害対策本部との間の情報授受は途絶した状態に陥ってしまいます。

消防庁、警察庁、防衛省など防災に関係する機関では、非常事態に備えてマイクロ回線を
はじめとする固定回線、衛星通信回線、車両に搭載する無線機など多様な情報伝達手段を構築していますが、それらは各機関の本来業務の目的達成のために設けられているものであり、住民対策のための情報授受までおこなう余裕はほとんどありません

携帯電話は、大規模な災害が発生すると瞬間に多くの人が携帯電話をかけて家族等の安否を確認しようとしますので、交換機の能力を超える通話要求が発生して、電話回線そのものが機能停止に陥るため、過大な通話要求が発生しそうになると携帯電話会社はほとんどの携帯電話の発信を止めるという「発信規制」を取り、一層電話がかかりにくくなる

いくつかの市町村では、防災の場でも携帯電話のみに依存する通信計画を立てているところがあるようですが、非常災害時はそのような回線障害の発生の可能性が高く、通信連絡手段を携帯電話のみに頼るのは非常に危険なこととも言える。

アマチュア局による非常通信の考え方

以下、https://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/material/amahijyo/
より引用します:

平成23年(2011年)3月11日に発生した東日本大震災では、多数のアマチュア局が、地方自治体に協力するなどして、被害情報の収集や安否情報の伝達等、人命の救助や災害の救援等のための非常通信を実施し、社会的に大きな貢献をしました。非常通信をアマチュア局が行う場合の考え方は、次のとおりですので、アマチュア無線を有効に活用していただく際の参考としてください。

無線局は、免許状に記載された目的又は通信の相手方若しくは通信事項の範囲を超えて運用してはならないことになっていますが、電波法(昭和25年法律第131号)第52条第4号の規定に基づく非常通信(地震、台風、洪水、津波、雪害、火災、暴動その他非常の事態が発生し、又は発生するおそれがある場合において、有線通信を利用することができないか又はこれを利用することが著しく困難であるときに人命の救助、災害の救援、交通通信の確保又は秩序の維持のために行われる無線通信をいいます。)等を行う場合は、免許状の目的等にかかわらず運用することができます。

その運用において、非常の事態が発生し又は発生するおそれがあるかどうか、有線通信を利用することができないか又はこれを利用することが著しく困難であるかどうか、人命の救助、災害の救援、交通通信の確保又は秩序の維持のためかどうかの判断は、アマチュア局の免許人が判断するものであり、非常通信は状況に応じて柔軟に行えるものとしています。その際、アマチュア局の免許人は、あくまでもボランティアという性格で非常通信を行うことになります。(引用 CREDIT: 総合通信基盤局電波部移動通信課)

電池、電源さえあれば、外部とコミュニケーションできるアマチュア無線は、防災意識が高まっている現在、あらためて見直されるべき、とても役に立つ情報伝達手段の側面を持っていと思います。災害に備えた定期的な無線運用の議論につながればと思います。

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。