とにかく簡単接続で便利なMIDI音源の試作

演奏支援機器、音楽教育支援機器の開発

とにかく簡単接続で便利なMIDI音源の試作品の紹介です。

MIDIデータの確認時などに、ハードウエアのMIDI音源は便利ですが、使おうとなると、ACアダプター、音源ユニット、スピーカを接続、、、結構大変です。

1台で完結するMIDI音源を開発しました。

<特徴>
1.軽量 (910g)
2.MIDI IN端子 (DIN5)
3.汎用ACアダプターが使える (Center +)
4.スピーカ内蔵&ボリューム (スピーカ直径10cm, 8W)
5.ヘッドホン端子 (ステレオ)

プラケース自体が共鳴するようで大音量で鳴らしたら結構音が良かったです。

これでMIDIデータの確認に便利な一台となりました。

また、ドラムマシンに接続することにより、スピーカによる電子ドラム音源になります。

リセットボタン(音の鳴りっぱなし?、、、など、これを押すと即正常に戻ります)

リアパネル

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、研究に関わることや出来事、おもしろそうな話題などを発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。