XFフォーマット対応のコード進行が表示できるMIDIプレーヤの試作 (Ver.1)

演奏支援機器、音楽教育支援機器の開発

まずはこの動画から。このデモンストレーションではドラムパートを外しています。

現在ちょっとした機器を開発しています。その本題の機器では無いのですが、関連機器として、以前から構想していた機能を有するMIDIプレーヤを試作し具現化しました。パソコン不要で、MIDI XFフォーマットMIDIデータを演奏した際に、コード情報を表示するディスプレーを持つ、レガシーMIDI OUT 端子を内蔵するMIDIプレーヤです。

MIDIデータ(XFフォーマット) -> SDカード -> マイコン -> コード表示 -> MIDI OUT -> MIDI機器(音源や楽器演奏ロボット)

この機器が良いのは、パソコン不要なので色々応用機器が創れて小型化できること、いろいろなMIDI機器(MUSICROBOTを含む)と接続して演奏できること、メディアとしてSDカードを使用しているので保存曲数が実質的に無制限であることです。ケースに入れてまとめる前の仮組み状態で、いままとめています。現状の紹介ではディスプレーが小さいですが、有機ELによる明るくて、見やすい、特大文字サイズでコードやグラフィックイメージを表示できるものになります。

この開発機器の用途としては、例えば、ディスプレー部分をウエアラブルで手首に装着したり、ギターやキーボードなどのいろいろな楽器に装着すれば、『楽譜なし』で延々と楽曲の演奏が楽しめます。練習や演奏会で活用できる、演奏支援装置として発展できるかと思います。

以上、XFフォーマット対応のMIDIプレーヤの試作とコード表示の紹介でした。

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。