ポップアップミュージックアルバムの試作 ~MUSICROBOT編 その1

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

ポップアップミュージックアルバム(仮称)を試作しています。

飛び出す絵本のようにコンテンツがポップアップする楽しさに加え、登録した音楽や音声メッセージが高音質で流れ、またその演奏に同期してLEDで光ったり、導電性布帛アクチュエータ(人工筋肉)で動くような冊子体のアルバムができないかと考えています。

ポップアップするミュージックカードやボイスメッセージカードは市販されていますが、ほぼ無制限な録音時間で高音質に音楽を登録できるものは無いですね。

まずは試作品はこんな感じです:

パソコンやスマホの動画の世界とは違って、実際のモノ(冊子体)ならではの手にとって楽しみめる楽しさ、DIY的にメッセージを添えてサプライズアルバム(カード)としてだれかにプレゼントや郵送できる世界にもつながります。

基本仕様:
・ページがポップアップ
・音楽や声のメッセージが再生
・音楽は高音質に長時間でも登録可能(SDマイクロカード)
・音楽に同期して光ったり(LED)・動く(研究室で開発の導電性布帛アクチュエータ)
・リチウムイオン電池を内蔵
・充電可能
・オプションでIoT

今回は、この例では光ったり動いたりする機能は無しですが、電池を内蔵してまずは形にしたレベルです。カバンにいれて持ち歩けます。コンテンツは先日のMUSICROBOTの演奏を入れてみました。ページをめくれば複数のシーンが楽しめます。手元にあったバータイプのリチウムイオン電池を組込んだのでこんなに厚くなりましたが、薄型電池と小型スイッチを使えば厚みは1/3~1/4になります。

仕様やサイズは見極めていこうと思います。

この作品はピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです。

このポップアップミュージックアルバムのもと演奏はこれです。

ポップアップミュージックアルバムの試作 ~MUSICROBOT編 その2
上の記事のつづきです。 先日の坂井市の産業フェアの際に演奏した『君が最高に輝くように』(福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気...

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、研究に関わることや出来事、おもしろそうな話題などを発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。