【しかけペーパークラフト】切り紙やペーパークラフトで動かしたい所を動かせる

切り紙、折り紙、ペーパークラフト、プラモデル、フィギュアなど、、、この部分を動かしたいと思ったことってありませんか。モータではちょっと思いあきらめていても、高分子アクチュエータ(人工筋肉)を使うとそんな夢を実現します。

研究室で開発している高分子アクチュエータ(人工筋肉)を使うと、切り紙、ペーパクラフトなどで制作したものの部位の一部を乾電池1~2本の電圧で可動させることが出来ます。モータでは音がするし、大きいし、重たいし、無理と非現実的な状況でも、高分子アクチュエータは厚さが0.2~1mm程度と薄く、必要な大きさに切って使うので、小さい可動部分に取り付けられます。この高分子アクチュエータの素子自体は1V程度から動くので安全です。

シートから切り出した高分子アクチュエータの例です。形状と運動性を調べているスライドです。研究室ではたくさんの高分子アクチュエータの動く動画をyoutubeにアップしています。高分子アクチュエータで検索してみてください。

動物の例:しっぽが動きます。

恐竜の例:あごが動きます。

恐竜の例:あごが動きます。

昆虫の例:触覚やはねが動きます。

プラモデル(ガンダム等)やフィギュア(けいおん等)の小さい部品も可動させる手段としても応用できます。

こども~おとなまで創作の夢をかなえる方法になればと思います。

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。