【3D立体映像】ネジやツールのアナグリフ、カラーコード3D写真

いくつかの方式があります。慣れると簡単に3Dで確認できます。原始的な方法ですが、試作品や実験映像などで簡単に再現できるのでとても便利です。

アナグリフの場合はこのようなメガネを使います。水色と赤のセロファンで作ってもよいですね。

 カラーアナグリフ方式の3D立体写真です。赤青(シアン)メガネでご覧下さい。

 カラーコード3D方式の3D立体写真です。カラーコード3Dメガネでご覧下さい。

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。