2018坂井市産業フェア(特別展示)でのMUSICROBOTライブパフォーマンスの動画

2018第4回坂井市産業フェア ~ロボットの解説トークとミニライブ~ でのライブパフォーマンスの様子を動画でご紹介します。

このデモ演奏について

福井大学工学部庄司研究室で開発した打楽器演奏ロボットIROPS-2号機の解説トークと、その実力をミニライブとして実演したものです。福井大学教育学部音楽科の学生の歌とピアノとのコラボユニットにる演奏です。音楽アドバイザーは福井大学教育学部音楽の梅村憲子です。

日時:2018年6月2日(土) 11:30~12:00
場所:ハートピア春江 小ホールロビー

2018第4回坂井市産業フェア(特別展示) ~ロボットの解説トークとミニライブ~
福大MUSICROBOTⅹ教育学部音楽科

しあわせの花(作詞・作曲:ヒナタカコ)

この動画でのすべての打楽器(ドラム、カバサ、クラベス、タンバリン、ウッドブロック、スレイベルなど)の音はIROPS-2による生演奏です。スネアドラムはクローズドリムショットで演奏しています。

君が最高に輝くように  (with 坂井はぴねすPRチーム & はぴりゅう)

この動画でのすべての打楽器(ドラム、タンバリン、ウッドブロックなど)の音はIROPS-2による生演奏です。スネアドラムはクローズドリムショットです。『坂井はぴねすPRチーム』のみなさまと『はぴりゅう』が坂井市産業フェア二日目のおもてなしステージの後、応援に駆けつけて下さいました。

FLASH(ちはやふる(東宝) の主題歌)

この動画でのすべての打楽器(ドラム、ティンパレス、ウッドブロックなど)の音はIROPS-2による生演奏です。スネアドラムはオープンリムションとクローズドリムショットの2モードを使い分けています。

ひまわりの約束(STAND BY ME ドラえもん の主題歌)

この動画でのすべての打楽器(ドラム、タンバリン、ウッドブロックなど)の音はIROPS-2による生演奏です。スネアドラムはオープンリムションとクローズドリムショットの2モードを使い分けています。

365日の紙飛行機(初音ミクV4X,  EXPERIMENTAL MIX)

この動画でのすべての打楽器(ドラム、カバサ、ウッドブロックなど)の音はIROPS-2による生演奏です。スネアドラムはクローズドリムショットで演奏しています。初音ミクV4Xによる歌を実験的にMIXしています。

ご来場の皆様、坂井はぴねすPRチームの皆様、ハピリュウに感謝申し上げます。

IROPS-2について

38種類の打楽器を搭載するドラム演奏ロボットとして IROPS-2号機 (IROPS VERSION2)を開発しています。楽器や歌の練習の時、あるいはコンサートを行う時に、臨場感溢れるドラム演奏が場を盛り上げます。リアルタイムMIDIに対応した高精度なデジタルアナログ変換制御、強弱制御(ベロシティー)により、瞬時の正確で繊細なドラム演奏を実現しています。従来のMIDIファイル(SMF,XG,XF,GS,GM規格)を使って演奏が楽しめます。4分音符分=35 の速度で、スネアドラムのオープンリムショットの場合、512分音符まで演奏できます。

#ドラム自動演奏 #ドラムロボット #打楽器演奏ロボット #楽器演奏ロボット #MUSICROBOT #ものづくり #MIDI #IROPS #人とロボットの合奏 #音楽における人とロボットの共生

MUSICROBOTは、人の歌や演奏と、ロボットによる楽器の自動演奏との協調から、音楽における『人とロボットの共生』を目指すコラボ・ユニットです。臨場感あふれるハーモニーから、音楽表現の新しい可能性を探求しています。


MUSICROBOT is a collaboration unit that aims at “cooperation between humans androbots”in music. This is done through automatic musical performances by robots as well as through human performances. We explore the new possibilities of musical expression to act in harmony with presence.

http://monozukuri.his.u-fukui.ac.jp/monozukurilab/2018/06/04/post-2234/

MUSICROBOT ロボットの解説トークとミニライブ - 2018第4回 坂井市産業フェア 特別展示
2018 第4回 坂井市産業フェア 特別展示 MUSICROBOT ~ロボットの解説トークとミニライブ~ 『人とロボットの共生...

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。