自動演奏ウインドチャイムを試作開発中

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

これからの季節で存在感抜群な打楽器としてウインドチャイムがあります。

ツリーチャイムやバーチャイムとも呼びます。キラビヤカでとても涼しげな音がします。いとしのエリーのように、曲の頭などでよく使われます。これが無いとその曲になりませんね。

Youtubeにアップロードされている『いとしのエリー』のカバーはオリジナルに入っているウインドチャイムが無いものがほとんどなのですが、やっと見つけました。このウインドチャイムと最初のイントロメロディーがこの曲を決定づけます。この楽器を登場させていないカバーがあまりにも多いということを逆に考えると、一つはこの楽器は、演奏難易度が高いこともあり、楽器としての敷居が高いのだと思います。

↓やっと見つけた参考動画です。

MIDI電子音源のウインドチャイムでも代用出来ますが、本物の『ウインドチャイム』の音色、表現力には全くかないません。なので、これを自動演奏できるようにします。

吊ってみるとこんな感じ。

チャイム部分は金属素材で作ってもよいのですが、時間がかかるので既製品を利用します。全てのチャイムを外して作り直します。

仕様として小節単位、音符単位で鳴る時間を楽曲中でリアルタイムに指定できるようにします。また、高音→低音、低音→高音どちら方向で奏でるかもリアルタイムに指定ができます。演奏難易度の高い打楽器ですが、自動演奏化により、確実に演奏できること音色を手軽に楽しめるようになることが特徴になります。

『自動演奏ウインドチャイム』(仮称)はIROPSに組込む予定です。完成しましたら紹介いたします。

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、研究に関わることや出来事、おもしろそうな話題などを発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。