3Dプリンタで作ったホイッスルは、どれくらいの音が出る?

これは防災時、緊急時に使えるホイッスルを3Dプリンタで造形しました。108dBが出ていますが、さらに大きな音がするのも作れます。この小さなホイッスル、とても大きな音がします。2m離れた所の車の警笛が110dBとされています。

吹き口の改良、共鳴管の構造など変えると、音色や音量の異なるものがいろいろ出来ます。

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、研究に関わることや出来事、おもしろそうな話題などを発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。