変り種!無電源式と電源式バラックラジオ & ペットボトルラジオの紹介

ここで紹介している無電源ラジオは小型なのですが、実用的な感度で使うには外部アンテナが必要です。フープラとは異なります。

無電源式バラックラジオ

本格派!?、正統派!?、 伝統的!? 並四コイルによる無電源ラジオ:

スパイダーコイルによるICラジオ(1.5V駆動):

スピーカー駆動無電源ラジオ(電界強度計付):

特大フェライトバーによる無電源ラジオ

ハニカムコイルによる無電源ラジオ
(コイルは専用のジグを使って自作で巻いてます。様々なパターンで作れます。)

スパイダー変種コイルによる無電源ラジオ

無電源ペットボトルラジオ

ペットボトルの空き容器を見るとラジオを作りたくなります、、、

ペットボトルによる無電源ラジオ:
(ボトル上方を回転式バリコンとして工作してます。ポリバリコンを使ってません。)

ペットボトルによる無電源ラジオ:
(キャンプ部分にバリコンを埋め込んでます。金沢で買ったペットボトルで、手まりラジオ)

ペットボトルによる無電源ラジオ:
(キャンプ部分にバリコンを埋め込んでます。コーララジオ。)

ペットボトルによる無電源ラジオ:
(キャンプ部分にバリコンを埋め込んでます。あやたかラジオ。)

ペットボトルによる無電源ラジオ:
(ハクション大魔王のアクビちゃんが出て来るつぼをイメージしました。)

電源式(電池式)バラックラジオ

ハニカムコイルによる電池式ラジオ
(コイルは専用のジグを使って自作で巻いてます。様々なパターンで作れます。)

2石トランジスタラジオ:

2石トランジスタラジオ(ダブルバーアンテナ仕様):

(http://www.dreamprojs.com/ で紹介した過去の記事を一部再収録しています)

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、研究に関わることや出来事、おもしろそうな話題などを発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。