越前和紙の風合いを活かした電源・電池が不要な『パネルラジオ』の試作品

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

パネルの外周にアンテナを組込んだ『パネルラジオ』(パネルフープラ)として試作しました。このラジオは電波のエネルギーハーベスティングによる『無電源ラジオ』なので、部品が壊れない限り、電池無しでAMラジオ放送がずっと聞けます。パネルの表面には越前和紙を貼っています。

試作品はこんな感じ。

今回の試作第一号では、伝統工芸士 玉村 久 氏による越前和紙を使いました。ラジオは立てて使うので、スタンドも作りました。

重量バランスを考え、厚さ5ミリのアクリル板でズッシリと作っています。

大きさはこんな感じ。

存在感ある大きさかと思います。このラジオは使わない時はインテリアとして使えます。1500年の歴史をもつ由緒ある越前和紙ですので存在感は抜群です。

NHK福井第一放送(JOFG)が良好に受信できることを確認しています。今回、無電源ラジオとして、『パネルラジオ』(パネルフープラ)を具体化しましたので、使い勝手の改良などで少し様子を見ていこうと思います。越前和紙の柄を変えたバージョンも少し試作してみます。

http://monozukuri.his.u-fukui.ac.jp/monozukurilab/2017/09/07/post-451/

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。