『誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性』のご紹介

現在、人工知能(AI)がブームですが、この人工知能って一体なんなの?という疑問に明快に答えてくれる一冊です。ディープラーニングの限界についてもとても分かりやすく説明されています。田中潤氏、松本健太郎氏が書かれております『誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性』(光文社新書) 、こうした分かりやすい本が極めて少ないのでおすすめします。内容に引き込まれて一気に読んでしまいました。第三次AIブームとはいいますが、その限界の『現実』を考えると、まだまだ発展が必要だということがよくわかります。こうした限界を知って、今できることを何かということの議論につながります。人工知能を過信することなく、また、恐れることなどありませんね。

人工知能を開発されている著者が『人工知能』を押し売りしていない、客観的な視点で書かれていることに個人的に大変好感が持てました。どんな研究もそうですが、自身の研究技術には妥協を許さず、しかし、他によい方法があるのなら押し売りしたらダメですからね。

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。