タンバリンの縦振り自動演奏装置の改良 – MUSICROBOT

タンバリンの縦振りによる演奏制御装置を改良しました。ノイズとスラスト方向の摩擦を下げる工夫をしています。また会える日まで(ゆず)を試験演奏しています。

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。