STEINWAY Model Dのピアノ音源

グランドピアノは場所や移動の制約があるので、電子ピアノを使用しています。STEINWAY Model Dのピアノ音源を使用してみました。データは50GBのサンプリングデータからなります。ソフトウエア音源ではレイテンシーが問題となりますが、パソコンOS、CPUスペック、RAMメモリ、ハードディスク、SSD、オーディオインターフェースの選定により無視できれるレベルに持って行けます。デスクトップパソコン、ノートパソコンなど色々試していますが、トータルのパフォーマンから、デスクトップパソコンが安定しています。

この電子ピアノ音はスピーカーからの再生になりますので、スピーカの性能を上げています。ソフト音源なのでライブでの安全性には課題がありますが、弾いた時のピアノの音は、明らかに素晴らしいです。

このピアノ音源の波形容量は50GB、これは50000MBです。1989年に発売されたPROTEUS/1を先日の実験演奏会に使用しました。以下もので、これはオリジナルモデルです。

このハード音源の波形容量は4MBでしかも音色数192となっていますから、この中のピアノ音源部分のデータはわずかです。当時この音源は20万円もしましたが、DTMをやっている人たちはあこがれの機種で、この音源をATARI 1040コンピュータとともに使用したものでした。20年の間にハード音源は一気にすたれ、ソフト音源となりました。当時も、ソフト音源がございましたが、非常に重たくレイテンシーもすごく、実用的なものではありませんでした。当時はRolandのハード音源、D-110、U-110も大人気でしたが、ピアノの音に関してはPROTEUS/1がよかったのでこのハード音源を先日の実験演奏会で使用しました。日ごろクラシックを学ぶ、ピアノの相当な演奏技術を有します学生さんから、率直に、ピアノの音がなんか違いますねとの指摘が、、、これがキッカケで、私の当時のPROTEUSへの思い、X-FILEのテーマ曲でも使用されたPROTEUSの話題を語らせて頂きました。

保存

保存

保存

保存

保存

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。