テクノフェア2017 特別展にてMUSICROBOT IROPS-3をデモンストレーションします

テクノフェア2017

平成29年10月26日(木)、27日(金) 10:00~17:00 福井県産業会館にて、テクノフェア2017 ( 北陸技術交流テクノフェア ) が開催されます。北陸地方最大規模の科学技術系の展示会です。

今回、『IoT時代を支える新技術』と題して、さまざまな産業分野で活躍する最新の「自動認識技術」「人工知能技術(AI)」にスポットを当てた特別企画展示にて、研究室で開発中した、打楽器演奏ロボットIROPS-3号機を展示します。デモンストレーションも行います。

テクノフェア2017 展示: MUSICROBOT 音楽における人とロボットの共生技術tech2017_1_all.pdf

MUSICROBOT 打楽器自動演奏ロボットIROPS-3
irops3_musicrobot_pan_10-outline-2.pdf

IROPS-3

1平米の床面積があれば設置できる、可搬性の高いドラム演奏ロボット IROPS-3 (IROPS VERSION3)を開発しました。楽器や歌の練習の時、あるいはコンサートを行う時に、臨場感溢れるドラム演奏が場を盛り上げます。簡単なパフォーマンステストの様子を動画でご視聴下さい。リアルタイムMIDIに対応した高精度なデジタルアナログ変換制御により、瞬時の正確で繊細なドラム演奏を実現しています。従来のMIDIファイル(SMF,XG,XF,GS,GM規格)を使って演奏が楽しめます。今回の展示では、 IROPS-3の特徴を活かした近未来の応用性を紹介する展示を行います。

再生前に音量にご注意ください。


小型化を狙ったIROPS-3号機の開発におきましてはベースとなる小型のドラムセットの選定が重要でした。この開発課題において、TAMA Drums(星野楽器)より、“Cocktail-JAM” Kit (カクテルジャム・キット)をご提供頂いております。

今回のデモンストレーションでは、国内唯一のシンバルメーカーの「KOIDE SYMBALS」をIROPS-3に搭載してご紹介する予定です。2年前に、福井市のお隣の坂井市で産業フェアに行ったとき、小出シンバルの叩き比べコーナーがあったのです。ものすごく良い音がしました。国内唯一のシンバルメーカーということが素晴らしいです。日本ならではの金属加工技術と長年培ってきた技術や経験をもとに製造する、国内唯一のシンバルメーカーです。シンバルの音色って実に様々で、「良い音」に好みが分かれるのですが、この音の魅力についてもご紹介できればと思います。どのくらい音が違うのか、ってとても気になりませんか?ロボットは同じ叩く強さで演奏できますので、他のメーカーのものと付け替えて、演奏させてみたいと思います。シンバルによって曲の雰囲気がガラリと変わることでしょう。

#ドラム自動演奏 #ドラムロボット #打楽器演奏ロボット #楽器演奏ロボット #MUSICROBOT #ものづくり #MIDI #人とロボットの共演 #音楽における人とロボットの共生


MUSICROBOT
https://www.facebook.com/musicrobotlab/

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。