フープラはループアンテナとしてAMラジオの受信感度を簡単に向上させます

フープラをAMラジオに近づけると、それまで聞こえていなかったラジオ放送局が聞こえるようになります。これは、フープラが高性能なループアンテナとして機能し、磁界成分の誘起効果により、対象のラジオ内部のバーアンテナと磁界がカップリングするからです。

フープラはそれ自体、しっかりした構造で創っているので、ラジオの傍に置いて、同調つまみで周波数を合わせると、目的の放送局の受信感度を簡単に向上させることができます。受信感度の弱い地域ですと、意外に、フープラのこの使い方はとても実用的な方法になります。

保存

保存

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。