H28年度PBL成果発表会 『ドローンに関するロボット工学の知識と実践力を磨くプロジェクト』

H28年度のPBL成果発表会がありました。研究室では『ドローンに関するロボット工学の知識と実践力を磨くプロジェクト』として通年で4単位のPBLとして実施したものです。

本PBLでは、世界的に注目され、社会的な話題にもなっている『ドローン』について、実際に実機を使いながら、法的飛行ルール、構造、飛行原理、制御プログラムの理解、各種飛行プログラムの検討、素材改良による高性能化の考察や、ドローンを用いる利点と応用性を考察する力を養うことを目的としました。ロボット工学としてドローンに関する知識全般を実践的に習得することも目的とした。今話題のドローンに関するこうした実践的学びは座学ではなかなかタイムリーに学べない内容です。本PBLでは、座学では得られない実践的な能力を身につけられる内容であり、実践的基礎技術修得型プロジェクトとして開講することはPBLの主旨からも極めて妥当性があると考え実施しました。

保存

The following two tabs change content below.
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)
人とロボットが共生する工学技術をめざして、先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。日頃の研究活動から、開示できる情報を発信します。
庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB)

最新記事 by 庄司英一 (Eiichi Shoji, MONOZUKURI LAB) (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。